飛鳥Ⅱ(Asuka Ⅱ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Author : mstk east

クルーズ船データ
クラス プレミアム 建造 1990年
総トン数 50,142t 乗客数 800名
全長・全幅 268m×32m 船籍 日本
デッキ数 8 運航 郵船クルーズ
客室数 462室 主要航路 日本近海・世界一周

【公式フォーラム】【クルーズ船】飛鳥Ⅱ(Asuka Ⅱ)について話しませんか?


5つ星評価: 4

フォローする

スポンサーリンク

クルーズ船レビュー

  1. AVARON より:

    昨年の7月に、結婚20周年を機に家内と二人で夏休みを利用して夏の北海道クルーズに参加してきました。期間は8泊9日で東京発、函館・網走・利尻・小樽寄港、横浜着のコースで客室はちょっと奮発してバルコニー付きのEタイプを選びました。(一名あたり58万4000円)飛鳥2は以前友人が利用したことがあり、サービスから食事に至るまで全てが完璧と聞いていたので、とても楽しみにしていましたが、特に驚いたのは食事の質の高さでした。一食一食の量はさほど多くないのですがメニューのバラエティが豊富で、とにかく美味しい!私は洋食より和食の方が好きなので、お昼のお蕎麦定食とかめちゃくちゃ嬉しかったです。後、北海道だけに函館に寄港した時のディナーでウニといくら丼が出たのですが、これが絶品!友人がまるで海の帝国ホテルと言っていたのは大げさではないと実感しました。また、函館に入稿した時に漁師の方々が漁船に歓迎の横断幕を貼って迎えてくれたのはとても感激でした。ベッドを始めとする室内設備もアメニティーも全く申し分なし。日本最高峰のクルーズと言われる飛鳥2は私たちの結婚記念日を美しく飾ってくれました。ぜひ30周年も飛鳥に乗船したいと思っています。

    5つ星評価: 5
  2. こぎくん より:

    5年ほど前に嫁と飛鳥Ⅱのクリスマスワンナイトクルーズに参加したことがあります。横浜大桟橋を午後5時に出港、翌朝10時に帰港というスケジュールでした。乗船は午後3時から入ました。乗船口からすぐに大きなロビーとフロントがあり、客室担当の方はフィリピン人でした。船の最上階ではウェルカムパーティーが開かれていて、コーヒーをいただきました。やはりここでも係員は外国人の方ばかりでした。最上階には大浴場もあり、深夜1時までと朝は5時から入ることができました。私は1回だけ入りましたが、嫁は朝も入っていたようでした。ディナーは出向してすぐの午後5時半からを予約していました。服装も決まっていて、私は背広、嫁はワンピースで会場へ向かいました。ナイフとフォークを使う食事で、なかなか慣れない食事で何を食べたかははっきりと思いだせません。船内ではディナーの時間に合わせてミュージカルやダンスパーティー、演奏会などが開かれていました。私たちはクリスマスコンサート会場に行き、そのあとは甲板に出て、近くを航行する漁船などを眺めていました。翌朝は6時からディナーを食べた会場で和食をいただきました。下船の時には船長や航海士、客室係などたくさんの乗務員の方が見送ってくれて、嫁ともに感動し、また機会があったら飛鳥Ⅱに乗船したいなと強く思ったことを憶えています。

    5つ星評価: 5
  3. 小百合 より:

    去年の12月に飛鳥Ⅱのクリスマスクルーズに参加しました。
    飛鳥Ⅱといえば日本の豪華客船の中でも特に有名です。
    料金がとても高いというイメージがありましたが、クリスマスのワンナイトクルーズはリーズナブルな料金設定だったので恋人と一緒に申し込みました。
    当日は横浜港で待ち合わせをして、午後3時から乗船しました。
    飛鳥Ⅱはテレビで見たことがあったのですが、実物はかなり大きくて迫力満点でした。
    部屋にはプライベートバルコニーがあり、外の美しい景色を椅子に座って眺めることができます。
    ツインベッドは寝心地がよく、ソファーもあり快適に過ごせました。
    バスタブは大きめで、足を伸ばして入れます。液晶テレビやDVDプレイヤー、冷蔵庫もあり、冷蔵庫に入っていた飲み物は無料でした。
    荷物をしまってから2人でお茶を飲み、少し休んでから船内を歩いてみました。
    船上の高級ホテルと言われるだけあり、ショップやカジノ、図書館、映画館など船内施設が充実しています。プールはもちろん、フィットネスセンターやスパもあります。
    デッキでシャンパンを飲みながら見送る人に別れを告げ、一旦部屋に戻ってからラウンジへと移動しました。
    クリスマスのクルーズなので、クリスマス限定のショーがあります。
    素敵なラウンジで行われたショーは、ダンスも歌も素晴らしかったです。
    ショーの後はシェフが腕をふるったクリスマスディナーを楽しみました。
    フルコースのディナーは、すべて美味しくて感動しました。
    デザートのケーキにはサンタが添えられていて、すごく可愛かったです。
    ディナーを食べ過ぎたので、翌日の朝食はお粥を選びました。
    朝食を終えて客室に戻ると、すぐに下船の時間です。
    ワンナイトクルーズはあっという間に終わってしまいましたが、素敵なクリスマスを過ごすことができて満足です。今度は1週間くらいのクルーズに出かけたいです。

    5つ星評価: 5
  4. ひな より:

     横浜から1泊のワンナイトクルーズにお一人様で参加しました。お一人様とはいえ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。日本一大きいクルーズ船であるのとは知っていたのですが、実際に見てから乗船してみると、まさに豪華客船という言葉がぴったりと当てはまりました。豪華なラウンジに生演奏をバックにして、海の幸満載の高級なディナーはとても美味しく、少しフォーマルな服装でディナーを楽しみました。
     部屋は、一番値段の安い部屋だったので家具はベットと机で、部屋自体はとても狭い印象でしたが、1人なら十分広いと思いました。船内は映画や劇場などもあるので、暇な時間はほとんどありませんでした。また、お風呂は大浴場もありとても良かったです。部屋にいる時は、多少の揺れは感じたのですな、就寝時に寝付けなくなるほどの揺れでは無かったです。
     あまり、お一人様でクルージングする人は少なく、年齢層も30代が多い印象でした。しかし、船からの景色は格別でとても綺麗でした。船内には娯楽施設も多くあって、一日中楽しいことばかりで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。私の場合は、ワンナイトクルージングだったので、あわただしく終わってしまいましたが、長期の船旅であるならば、最高に楽しいと思いました。

    5つ星評価: 4
  5. catheco より:

    2015年、2016年の2年連続で飛鳥IIに乗船しました。初めてクルーズ船に乗船したのが飛鳥II「A-styleクルーズ」という連休を利用したショートクルーズで夫婦二人で乗りました。
    横浜港を出港し横浜港に戻って行くるという相模湾を周遊するクルーズで人気のシェフによるスペシャルディナーと杏里さんのコンサートつきでお料理も美味しく、コンサートも船上とは思えないほどじっくり、しっとり楽しむことができ大変満足しました。
    初めてのクルーズ船体験で最初は「時間を持て余してしまうのではないか」と思っていましたが、船内でのイベントが目白押しでそんな心配は無用でした。主人とウクレレ教室に参加したこと、私だけ参加したフラダンス教室などどれも初めての体験で今ではいい思い出となっています。どちらもクルーの方がわかりやすく、楽しく教えて下さるのでどちらも初体験でも安心して参加できます。
    2度目の飛鳥IIの乗船体験は、主人の両親と夫婦での4人旅。神戸港を出港し、新宮に寄港、横浜で下船するというクルーズでした。寄港地新宮では半日コースで熊野古道を散策しその後那智の滝を見に行くエクスカーションに参加しました。熊野古道では足の悪い義母は参加せず、バスに乗って次の集合場所へそのまま連れて行ってもらうことができ、飛鳥IIのスタッフの方によくしてもらったということでした。
    80歳近い両親には半日コース位がちょうど良く、疲れすぎず満足したようです。この日の午後は義母と飛鳥II内にあるAVEDAエステサロンでアロマトリートメントを受けました。二人同室で受けることができ、あまりの気持ち良さに新宮を出港したことも感じませんでした。
    飛鳥IIは何と言っても展望風呂が無料で何度も入れるのが1番の魅力だと思います。展望風呂の窓から海原がみれる朝や夕方はとても贅沢な気分になります。

    5つ星評価: 5
  6. ジルベルト より:

    私がこの船舶に乗った時には日本近海の2泊3日程度のクルージングでした、途中の寄港はなく海上でゆったりと過ごすのですが、飛鳥Ⅱ号の素晴らしさはそんなに長くないショートステイの旅でも、クルージングを満喫できると言う所ではないでしょうか、食事に関しましてはフランス料理のフルコースを選ぶ方も多いですが、私自身リドグリフで十分満足していました、何故ならハンバーガーが朝から食べられるから。
    私は朝はしっかり食事をしたいタイプなので、店を色々その日の気分で買えるのも楽しみ方の一つだと思います。
    また私が乗船した時には丁度神戸の海上花火大会が開催されており、海上より見上げる花火はかなり贅沢な時間を過ごす事が出来たと思いました。
    この事を船員に尋ねたところ日本での海上付近で花火大会がある所には停泊してみる事が多いと言う話を聞き、色んな演出を考えているのだなと感心致しました。
    当然船の中での演出も凄く、デッキ部分で伊勢海老を何十匹もフランベしてオリジナルソースをかけ皆様にふるまっていましたが、キャプテンからのサプライズプレゼントに皆さん喜んでいました、私はショートステイでもタキシードでしっかり乗船いたしましたが、近頃は意外とカジュアルな方も多いのでビックリさせられることも多いです。

    5つ星評価: 4
  7. タカハシ より:

    飛鳥iiで私はクリスマスクルーズというものを楽しませてもらいました。神奈川県から一泊のワンナイトクルーズというものでした。私は友人と参加したのですが、船内の豪華さに圧倒されました。船かと思うほどの豪華さで、高級ホテルをはるかに凌駕するほどの華やかさがありました。何度かクルーズ船に乗っているのですが、豪華で華やかで色々な施設があって楽しめたなと思います。大きなメインフロアにでっかいクリスマスツリーが置いてあって、街に飾るほどのクリスマスツリーでとても綺麗でした。部屋はとても広いというわけではありませんが、安らぐには十分の広さでした。色々なランクがあるので、一概には言えませんが、私が泊まった部屋はとても居心地が良かったです。見える景色がとても印象的で忘れられません 揺れはさほど気になりませんでした。一番気に入ったの大浴場でした。普段は銭湯や温泉などは行かないのですが、クルーズ船の大浴場ということもあって入ってみましたが、とても気に入りました。船でのお風呂はとても気持ちが良かったです。また服装はカジュアルな感じでスーツできめていくことはありませんでしたし、周りも5対5でカジュアルか正装かに分かれていたのかなと思います。飛鳥iiは初めてクルージングする方にもおすすめだと思いました。ですがベテランでも楽しめる幅広いオーソドックスだと思います。とても良い思い出になり、友人もとても喜んでいたのが嬉しかったです

    5つ星評価: 5
  8. 翔大  より:

    私が初めて飛鳥Ⅱに乗船したのは4年ほど前の事でした、国内のクルージングをあまり楽しんだ事が無いので、国内で短い乗船期間のクルージングとはどうやって楽しむものだろうと思い、乗船したのが飛鳥Ⅱでした新幹線で新神戸駅まで行きそこからタクシーに乗って船舶のそばで下車しました、そしていよいよ心躍る乗船の時船中はどうなっているのだろうなど楽しみが錯綜している中、私が乗船の順番になりました。
    いよいよ2泊3日のショーとクルージングの始まりです。
    早速部屋に荷物を置き自分の衣装に着替えてから船内の散策をしたのですが、船内は大型の観葉植物などが多く配置されており、アジアンオリエンタルな雰囲気が漂っていました。ただ少し船舶としては中型になりますので瀬戸内を出るまではかなり波の影響を感じました、しかしいざ太平洋に出た頃には船舶も安定しており、いろいろ催し物を楽しむだけの心の余裕も生まれてきましたせん愛を散策しているとショップや美容室などがあり、大型客船より量が少ないだけで楽しみ方は一緒なんだなと思いました。
    基本的にはカジュアルな服装で乗っていても問題はありません、むしろ私のように畏まった格好の方が目立つ感じでした、ショートステイでしたが日本を代表する船舶での旅はそれなりの喜びがありました。

    5つ星評価: 5
  9. 機動戦士マンダム より:

    日本でクルージングを本格的に楽しみたい方に是非お勧め、またクルージング初心者の方にもお勧め出来るのが飛鳥Ⅱ号です。
    私自身はクリスマスクルーズを楽しみましたが、まず料理などもレストランだけで5~6件船内にはありますので、自分の好きな食事を楽しむ事が出来るのも嬉しいですね。
    私は海外のクルージングを主に楽しんでいるのですが、この食材はいったい何だろうと言う物が有り、食事が合わなかった時の為に胃薬などは絶えず持ち歩いていますが、日本の客船ですから食事に関しましては安心が出来ると言うのは、実は旅をする上で大事な事で、健康じゃなければせっかくのクルージングも楽しむ事が出来なくなってしまいます。
    またクルージングの手配に関しましても手続きがとても簡単なのも、日本の客船だからではないでしょうか、日本近海のクルージングでしたら大手旅行会社に頼めば、すぐに手配して頂けますしまた飛鳥Ⅱの良さはその人のプランに合った、クルージングを楽しむ事が出来ると言う事です、もちろん世界1周も飛鳥Ⅱのプランの中にはあります。
    11万トン級の客船に比べたら少し揺れは感じますが、それでも日本近海を楽しむのなら全然問題がない揺れのレベルですので、クルージングのマナーなどを学ぶのにも初心者の方に是非乗船して頂き船舶です。

    5つ星評価: 4
  10. にしわき ゆり より:

    飛鳥Ⅱでクリスマスクルーズを楽しみました。横浜から1泊のワンナイトクルーズに主人と参加したのですが、メインフロアの豪華なクリスマスツリーに圧巻。優雅な気分を味わいました。一番安い部屋だったのでベットと小さな机くらいで、部屋自体はとても狭かったです。1泊2日なので仕方ないですが、もし世界1周旅行をするならやはりもう少し大きな部屋でないと退屈してしまうかな、とも思いました。なので高齢になって船での世界1周するときは迷わず部屋のランクを上げようとも思い、将来の船の旅行の良い参考にもなりました。船内は映画や劇場などもあるのでそれなりの娯楽はありましたが、長期ではやはり部屋が広くないと退屈かな、とも感じました。ですがお風呂は大浴場もあるので不便はないです。料理もまずまずで、主人もスーツ、私もワンピースと、結婚式以来の正装で料理を楽しめたのも良かったです。部屋にいても揺れは感じましたが、就寝時で眠れない時であれば気になるかな?程度でした。船を降りる時に船員さんたちと写真が撮れたのが良い記念です。ちょっと値段は高くなりますが、船でクリスマスを過ごすのもまたハリウッドセレブにでもなった気分が味わえて良いです。20代の時に利用しましたが、同じように若いカップルもいたので、値段的にも20代がちょっと頑張れば参加しやすいのも良いと思います。

    5つ星評価: 4
  11. みどり より:

    ハネムーンとして5日間の北海道クルーズに申し込み、飛鳥に乗ってきました。海の上で長時間過ごすというのは初体験だったので、船酔い対策もしていったのですが揺れはほとんどなく心配は杞憂でした。
    日本一大きいクルーズ船であること、充実した設備、一流ホテル並の仕様はパンフレットで読んで知っているつもりでしたが、実際に乗船してみると、まさに豪華客船という言葉以外見つからないです。
    ゴージャスすぎるほどのラウンジ、生演奏をバックにいただくステーキや海の幸満載の高級なディナー、焼き立てパンとシェフが目の前で焼いてくれるアツアツオムレツの朝食、部屋から出られるバルコニーで大海原を眺めながら傾けるシャンパンとケーキ・・・食べて飲んでエステに映画と至れり尽くせり。せかせかと追われる日常では絶対に経験できないのんびりかつ贅沢な時間を過ごし、ハネムーンらしく二人でロマンチックに花火と夜景を眺めることもできました。
    寄港地の網走での観光とびっくりするほどの(笑)歓迎セレモニーもとても思い出深いです。主人の靴紐がほどけているとこっそり教えてくださったり、私の体調を案じてくださったり、些細なことでも気にかけてくださるスタッフお1人お1人の心遣いも嬉しく、本当に夢のような時間でした。歳を重ねていつかまた、退職記念旅行には飛鳥に乗ろうねと今から二人で約束をしています。

    5つ星評価: 5
  12. sakk より:

    二泊三日の相模湾クルーズに上から2番目のアスカスイートで申し込み、乗船しました。
    船内はまるで一流ホテルのようなきらびやかさ。お部屋はツインにエキストラベッドで大人3名で入りましたが十分に広々としていました。
    ドレスコードがあったのでほかのお客様たちも素敵な雰囲気でしたし、スタッフの方たちもさり気なくきめ細やかな接客をしてくださって特別な気分を味わえました。
    ロイヤルスイートとアスカスイートは、ディナーと途中イベントのコンサートで特別な場所を確保していただけました。お部屋の広さや上下船案内の優先度だけでなく、随分楽しみが増えるので特に何かの記念で飛鳥IIに乗られる方にはアスカスイート以上をお勧めいたします。
    お料理は王道のフランス料理を二晩連続でいただきましたがどちらの日も特別なご馳走として新鮮に楽しめました。お食事の最後に料理長の方にご挨拶いただき、お心遣いにも感激いたしました。
    二泊三日相模湾クルーズはどこか途中に停泊することはなくずっと船の中にいることになりますが、ランチビュッフェ、映画、社交ダンス、図書室、シガールーム、カジノ、卓球、プール、大浴場、サウナなど娯楽が充実しています。のんびり豪華客船旅行の気分を楽しんでみたい方にぜひお勧めいたします。

    5つ星評価: 5