コスタ・ネオロマンチカ(Costa neoRomantica)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Author : Gerd Fahrenhorst

クルーズ船データ
クラス カジュアル 建造 1993年
総トン数 57,150t 乗客数 1,578名
全長・全幅 221m×31m 船籍 イタリア
デッキ数 13(乗客用デッキ数10) 運航 コスタ・クルーズ
客室数 789室 主要航路 東南アジア・日本近海

【公式フォーラム】【クルーズ船】コスタ・ネオロマンチカ(Costa neoRomantica)について話しませんか?

5つ星評価: 4

フォローする

スポンサーリンク

クルーズ船レビュー

  1. 沙羅 より:

    1月に職場の同僚とクルーズ旅行を楽しみました。
    乗ったのは有名なコスタ・ネオロマンチカで、沖縄や台湾を巡る1週間の旅です。
    コスタ・ネオロマンチカはイタリア船で、国内旅行と変わらない料金でクルーズを楽しめます。
    友人と待ち合わせをして、東京の晴海ふ頭でコスタ・ネオロマンチカに乗船しました。
    ロビーに入ると、スタッフが歓迎してくれます。
    客室はスイートで、部屋には美しい花が飾られシャンパンが用意されていました。
    同僚とシャンパンで乾杯してから船内を散策しました。
    乗船客は日本人が多かったです。
    初日の食事はイタリアンにしました。有料のレストランでしたが美味しくてボリュームがあり、人気があるのも頷けました。
    コスタ・ネオロマンチカはピザも美味しいです。
    石釜で焼くピザはサイズが大きく、同僚とシェアしても多いくらいでした。
    船内にはジムもあり、海を見ながらトレーニングすることができます。
    素敵なスパもあり、タラソテラピーやフットバス、サウナを楽しみました。
    フリーパスで利用したのですが、毎日通ったのでお得でした。
    台湾では映画で有名な茶館に行きました。
    台湾式のお茶の入れ方は独特で面白かったです。大好きな杏仁豆腐と熱々のパイを食べて大満足でした。
    違う店で食べた餃子も美味しかったです。
    船に戻ってからは、ワインバーに行って演奏会を楽しみました。
    プールサイドには座り心地の良いソファーがあるので、空いた時間ができると本を読んで過ごしました。
    船旅では新しい出会いも楽しみのひとつです。コスタ・ネオロマンチカでも素敵な出会いがありました。
    クルーズには飛行機の旅ではできない楽しみ方があるので、魅力あるクルーズプランがあればまた参加したいです。

    5つ星評価: 5
  2. catheco より:

    2017年秋に金沢発着6日間のクルーズに夫婦で乗船しました。
    金沢を出発し、境港・釜山・舞鶴・博多を寄港する予定でしたが、残念なことに日本列島に台風が直撃し、釜山で足止めになってしまい、次の寄港地博多で下船し帰京したクルーズの旅となりましたが、その分船内を十分に楽しみ尽くすことに力を注ぎ、船内ほぼ回り楽しみ尽くしました。
    コスタ・ネオロマンチカでは一応指定されたドレスコードはありましたが、そんなに気にされている方が多くなくラフな格好でいる方が多く「自由」な雰囲気を感じました。自身が気にしなければドレスコードのための特別な服装を用意しなくても大丈夫です。
    食事もダイニングで出ているお料理とブッフェで出ているお料理がほぼほぼ一緒なので、ダイニングルームに行かず、自分たちの好きな時間にカジュアルな格好でブッフェで同じものを食べることもできました。有料レストランのマンマトラットリアはダイニングで食べるイタリアンよりもっと本格的でずっしりとイタリアンを楽しむことができます。その分しっかりお腹をすかせて臨んだ方がいいかもしれません。
    シアターを改装して新しく作られたというサムサラスパのタラソテラピープールの中から船の航跡を見ながら浸かることができ、また併設のビューティーサロンはとても綺麗ですし日本人スタッフの女性がいらっしゃるのでエステメニューの相談も気軽にできました。
    日本発着の外国カジュアル船とありコスパがいい船だと思います。今年からは旅行代金の中にドリンクパッケージも含まれるようなのでお得感を味わえるクルーズ船だと思います。

    5つ星評価: 5
  3. ジルベルト より:

    あまりクルージングに馴れてない方に是非お勧めした日本発着の近海クルージングを満喫できるコスタ・ネオロマンチカ号は如何でしょうか、金額的にもツアーコースで特典を付けたら非常に安く乗船をする事が出来ますし、日本近海のクルージングになりますので、お客様も日本の方が多いのでお勧め出来ます。
    船舶自体は5万トンクラスの中型の船舶になりますので比較的クルージングには小さなクルーザーになりますが、私が乗った感想では小さな船舶でもサービスなどが充実していますので十分、クルージングを楽しむ事が出来るのではないでしょうか。
    さすがに大型客船のように中でショッピングを楽しむとかそういったサービスは少ないですが、船内にはプールも完備していますし、夜になったらデッキの部分では縁日のようなスタイルでクルージングを盛り上げてくれます。
    またスパサウナなどで日常の疲れをいやした後にデッキ部分で浜風に当たる事も出来ますので、心身の疲れをいやすのにも最適ではないでしょうか。
    この客船に関しましてはカクテルドレスやタキシードと言う服装よりももっとカジュアルに乗る事をお勧めします。
    日本国内のクルージングを楽しむのには最適な船舶ではないでしょうか。

    5つ星評価: 3