セブンシーズ・ナビゲーター(Seven Seas Navigator)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Author : WikiEK

クルーズ船データ
クラス ラグジュアリー 建造 1999年
総トン数 28,550t 乗客数 490名
全長・全幅 171m×22m 船籍 バミューダ
デッキ数 12 運航 リージェント・セブンシーズ・クルーズ
客室数 245室 主要航路 世界広域

【公式フォーラム】【クルーズ船】セブンシーズ・ナビゲーター(Seven Seas Navigator)について話しませんか?


5つ星評価: 5

フォローする

スポンサーリンク

クルーズ船レビュー

  1. Maya より:

    5年前に高校時代の友人と東カリブ海クルーズに参加しました。
    乗った船はセブンシーズ・ナビゲーターです。
    2月末から10泊のクルーズですが時期がよかったのかリーズナブルな料金で参加できました。
    マイアミから出航し、大好きなバハマにも寄って高級リゾート地として有名なサン・バルテルミー島にも行きました。
    セブンシーズ・ナビゲーターは内装が豪華で、客室も全室がオーシャンビューのスイートになっています。
    プライベートバルコニーがあり、贅沢な気分でクルーズを楽しめました。
    スタッフのサービスがすごく良かったのが印象に残っています。利用客1人に対して1人以上のスタッフが付いているのでサービスが行き届いていました。
    これまで乗船したカジュアル船とは空間のゆとりが違います。客室にいると海の上にいるのを忘れてしまうくらいです。
    料理もワインも美味しくて毎日お腹がいっぱいになるまで飲んで食べて踊りました。
    どの料理もすごく美味しかったのですが、特にロブスターが絶品でした。
    サン・バルテルミー島ではパウダー状のビーチを裸足で歩いて楽しみました。
    有名リゾートだけあり別荘が多かったです。
    こんな素敵な場所に別荘を持ちたいと友人と話しながら船に戻りました。
    最後の寄港地はセントマーチンで、場所柄大型のクルーズ船が多かったです。
    日本の援助で改修されたという漁港があって驚きました。
    市街地でお土産を購入して船に戻りましたが、もう少し街をブラブラしたかったです。
    お別れパーティーではラウンジでシャンパンを飲みながら仲良くなった夫婦と別れを惜しみました。
    マイアミには朝早く着き、バスに乗って空港まで行き帰国便に乗って帰ってきました。

    5つ星評価: 5