ブリタニア(Britannia)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Author : Pjotr Mahhonin

[instagram-feed hashtag=”#Britanniacruise,#Britanniacruiseship”]

クルーズ船データ
クラス カジュアル 建造 2015年
総トン数 143,000t 乗客数 3,737名
全長・全幅 330m×38m 船籍 バミューダ
デッキ数 18 運航 P&Oクルーズ
客室数 1,837室 主要航路 北欧・西欧・地中海

【公式フォーラム】【クルーズ船】ブリタニア(Britannia)について話しませんか?


5つ星評価: 5

クルーズ船レビュー

  1. アバター Coco より:

    2016年8月末から9月にかけて7泊でノルウェーへの船旅を夫婦でしました。イギリスのサウスハンプトン港(かのタイタニック号出港)から、Stavanger→Flam→Olden→Bergen、と寄港しました。客室は一番上のA DECKでバルコニー付きの部屋にしました。ノルウェーへのクルーズはやはり壮大な景観を観ながらという想いがあり、バルコニー付きにして正解でした。が、内側のお部屋だとしてもデッキに一歩出ると目の前には壮大な景色、海原を観つつカクテルを飲んだり、ジャグジーに浸かったりが楽しめます。アダルトオンリーの有料スパエリア(ここは温かい)もあり、一応水着持参しましたが(いつも携帯してます)日本人の私にはちょっと寒いのでプールには入らず、有料も結構リーズナブルなお値段で検討しましたが、7泊では船内を楽しむ事だけでも充分満足で利用しませんでした。 食事はフルボード(全食付き)でブッフェでの選択肢も充分、何度か利用した有料のレストランやアフタヌーンティーも申し分ありませんでした。敢えて言えば日本の味は確かに恋しくなりますので何か持参するのも手だと思います。持参と言えば、ドリンクは有料になる為、乗船前にある程度の水(港で購入)やボトルのお酒、スナック菓子などは自宅より持参して節約、寄港地にてもチャンスあらばスーパーで缶ビールなど購入しておりました。飛行機と違って今のところ荷物の規則が違うので助かります。毎日毎晩、何かしらのエンターテイメントもあり、ダンスショーやコンサート、カラオケ、その後のディスコ?も毎晩あり、日中はダンスレッスン(サルサ)、歩き方教室?なども楽しみました。ただ歩き方教室は最終的に靴の底敷の販売へと・・・販売といえばエステも1度してみましたが、終わった時にはやはり薦められますので欲しくない場合はキッパリと。子供用のプログラムもありで幅広い年齢層で楽しめると思います。各寄港地でのエクスカーションも充実しており、3か所は夫婦で話し合い、町のガイドツアー&博物館、氷河を観にトロッコ?で山の上まで登ったり、ケーブルカーで山頂に行く等楽しみました。もちろん、寄港先での町のブラブラ歩きも楽しいと思います。実際、エクスカーションを3時間などの短いものを選び、その後は出航まで市場をみたりブラブラしたりもしました。魚市場で食べたお刺身は美味しいし嬉しかったです!ちょっとお値段張りますが。一か所だけFlamでは私の希望で『アナ雪』のお城のモデルになったと言われる木造教会、ボルグンスターヴ教会へ路線バスを乗り継いで行きました。季節によっても違うようですが、直行が無く乗り継ぎ含めて片道2時間くらいで帰ってこれるか心配でしたが、バスは時刻通りで大丈夫でした。ただ現地では40分程度しか時間なく、ものすごく早歩きで土産屋(でトイレ)まで周りました。船旅は宿泊先が着いて来る感じなので楽で好きです。が、毎晩それなりに小綺麗にして夕食に出かけたり、ウェルカムパーティー(ブラックタイ)他などにも2晩ほど参加してみた為、1日のうちでとにかく着替えに忙しかった記憶があります(笑)もちろん、普段通りに近い服装でブッフェのみで過ごしている方も中にはおられましたが、せっかくのチャンスですので私たちはパーティーには正装で臨みました。(その方が恥ずかしい思いもしませんでした)エクスカーションは本当にすぐに満席になってしまう為、乗船前の予約を、有料レストランも早めの予約が望ましいと思われます。ブリタニアは新しくて巨大で豪華で、本当に気分だけでもリッチになれるのでお薦めです♪

    5つ星評価: 5