クリスタル・セレニティ(Crystal Serenity)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Author : L. Colombo

クルーズ船データ
クラス ラグジュアリー 建造 2003年
総トン数 68,870t 乗客数 1,090名
全長・全幅 250m×34m 船籍 バハマ
デッキ数 13 運航 クリスタル・クルーズ
客室数 545室 主要航路 世界広域

【公式フォーラム】【クルーズ船】クリスタル・セレニティ(Crystal Serenity)について話しませんか?

5つ星評価: 5

フォローする

スポンサーリンク

クルーズ船レビュー

  1. Julia より:

    2012年にクリスタル・セレニティでカナリア諸島を巡りました。友人と一緒のクルージングは久しぶりだったので出航する1週間前からワクワクしていました。
    期間は10日間でバルセロナから乗船します。
    ベランダ付きの客室は落ち着いた雰囲気で、ホワイトを基調とした素敵な部屋でした。木のぬくもりを感じられるドレッサーが気に入りました。バスタブも付いているのですが、客船のバスタブにしては大きめでゆったりと入浴できました。友人も私も大好きなAVEDAのアメニティが置いてあったので感激しました。
    メインダイニングでのディナーはサーモンを選びました。友人はチキンを頼んでいましたが、ローストされたチキンも美味しそうでした。
    クリスタル・セレニティはレベルの高いショーでも知られています。ラウンジは広々としていて本場仕込みのショーを楽しみました。
    翌日は海の見える席でフルーツの朝食を摂り、のんびりとコーヒーを飲みながら過ごしました。
    休憩後はカロリー消費も兼ねてダンスのレッスンを受けて体を動かしました。プロのダンサーが教えてくれるので、かなり内容が濃いレッスンでした。
    アフタヌーンティーは貴族姿のスタッフが紅茶と美味しいスコーンを運んでくれます。生演奏を聴きながらスコーンを食べた後は図書館に行き読書を楽しみました。
    クリームをたっぷり付けたスコーンを食べ過ぎてしまったので、ジムでヨガをしました。
    スペインではツアーで有名な大聖堂や植物園をまわり、レストランで食事をしてお土産を大量に買い込みました。
    ツアーの後はプールで泳いでから少し仮眠をとりました。
    フォーマルナイトでは数年ぶりに着物を着ましたが、皆に褒めてもらって嬉しかったです。
    ポルトガルは昔旅行したときとあまり変化はなかったです。友人を有名店に誘ってディナーを楽しみました。
    最終日はスペイン料理と美味しいワインを堪能して、翌日下船しました。飛行機に乗るまで少し時間があったので、友人と市内観光をしてから空港へ行き日本に戻りました。

    5つ星評価: 5
  2. アップルマンゴー より:

    今まで旅行は飛行機や車や電車ぐらいしか経験がなかったが、今回は旅行先のスペインのバルセロナから初クルーズを体験することにしました。その時に乗船したのがこの「クリスタル・セレニティ」で、他にも多くの日本人旅行者がいました。実際に乗船してみると、まるで街をそのまま船に乗せたかのようなゴージャスな船内で、ギャラクシーラウンジには音楽などを楽しめるショーが開催されていたり、外にはオシャレなテーブルとイスとパラソルが置いてあって食事を楽しむことができるようになっていました。そこではステーキが丸ごと1枚挟んだサンドイッチや魚介をふんだんに使ったサラダなどが楽しめます。そして、宿泊する部屋を見るとベランダまで付いていて、そこからは広大な海が一望できる最高の部屋で、広さも十分で眠っている時は船の上にいることを忘れるほど快適でした。夕飯はメインダイニングのクリスタルダイニングという場所で食事を楽しんだのですが、メニューにはしっかりと日本語も記載されていたので迷うことなく注文ができて、出てくる料理はどれも高級ホテル並みの味で満足の行く料理でした。他にも船内には図書館やトレーニングジムや音楽スタジオなどもあって、時間もたっぷりあったことから一通り楽しんでしまいました。初めてのクルーズだったので船での生活に不安もあったが、実際に乗船するととても快適で船ならではの景色なども楽しめたので、とても素敵な時間を過ごすことができました。

    5つ星評価: 5