スピッツベルゲン(Spitsbergen)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Author : IsalovAuk

クルーズ船データ
クラス 探検船 建造 2009年
総トン数 7,025t 乗客数 335名
全長・全幅 98m×18m 船籍 ノルウェー
デッキ数 8 運航 フッティルーテン
客室数 98室 主要航路 北欧・北極

【公式フォーラム】【クルーズ船】スピッツベルゲン(Spitsbergen)について話しませんか?

5つ星評価: 5

フォローする

スポンサーリンク

クルーズ船レビュー

  1. トロ より:

    12月の中旬に、主人と二人で乗船しました。ベルゲンからヒルネケスまでの7日間のクルーズで、途中オーレスンやトロンハイム、トロムソなどのノルウェーの港町に寄港しました。
    冬なので外は一日の大半が暗く、フィヨルドの景色を見ることはできませんでしたが、7日間のうち3日間はオーロラを見ることができ、感動しました。オーロラが出ると船内アナウンスで知らせてもらえるため、外でオーロラを待つ必要がなく、あまり寒い思いをせずにオーロラ観測をすることができました。また、海の上で周りの光が何もないため、綺麗なオーロラを見ることができたのも良かったです。
    乗客は、ヨーロッパやオーストラリア、シンガポールの方が多く、船内でのアナウンスや表示は英語かドイツ語?でした。船内では、宝探しゲームやノルフェーの特産品の試食会などの催し物がいくつかあり、言葉があまりわからなくても楽しむことができました。
    船内は綺麗で、掃除が行き届いている印象でした。部屋も、スタッフに毎日掃除していただけるので常に綺麗な状態が保たれていました。船内にはランドリーもあり、洋服を洗うことができるので、大荷物にならなくて済んだのも良かったです。
    食事は3食付いていて、朝昼はビッフェスタイル、夜はコース料理でした。ビッフェのメニューはあまり変化ありませんでしたが、夕食では、毎回違うノルフェー料理を堪能することができました。日本とは違う料理を食べることができ、大満足でした。

    5つ星評価: 5